諏訪大社 下社 秋宮 御朱印

平成28年11月21日

 

まずは手水舎でお清めをします。

 

 

案内図を見ますと

 

 

秋宮から春宮までは結構の道のりがありますね。

 

 

真っ赤な枝が伸びています。

紅葉でしょうか。

 

 

御朱印がいただけるようです。

 

 

 

画像回転ツール 編集画像

 

 

 

       下社秋宮の御朱印

 

at 02:12, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

諏訪大社 下社 秋宮

平成28年11月21日

 

10時03分 諏訪大社に着きました。

 

 

人影はまばらです。

 

 

時計とオルゴールがあります。

 

 

日本電産サンキョーオルゴール塔

 

三協精機(現 日本電産サンキョー)が地元の皆様や諏訪大社に

訪れるお客様に、優しい音色のオルゴールに親しんでいただく為に、

関係者の協力を得て、ここに建立しました。

 

   オルゴール(30弁オルゴール)

    「小舟にて」昭和36年春、当時の美智子妃殿下が、当社をご見学

          された時にご希望された名曲です。

    「御柱小唄」申寅の年の御柱祭に歌われる端唄です。

    「家  路」ドボルザークの「新世界交響曲第二楽章」より

          (午後四時のみ奏鳴)

 

    奏鳴時間 午前八時〜午後四時(各時、0分、20分、40分)

    からくり装置(西田明夫作)御柱祭の中から、勇壮な「木落し」

                 をイメージして制作しました。

                 オルゴール奏鳴時に作動します。

 

                    日本電産サンキョー株式会社

 

 

時代を思わせる鳥居ですね。

 

 

 諏 訪 大 社

 

下 社 秋 宮

 

at 04:35, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

駅前通りから中山道へ

平成28年11月21日

 

駅前通りを進みます。

 

 

十字路に出ました。

右に行くと諏訪大社下社秋宮です。

 

 

諏訪大社に向かって歩きます。

 

 

遠くに標識が見えます。

 

 

中山道 下諏訪宿

門前ひろば

 

 

食祭館

 

 

火消道具箱

火乃要鎮

 

 

まだまだ先のようです。

 

 

中山道下諏訪宿

 

 

日本電産サンキョー

オルゴール記念館

すわのね

 

 

ぬれしみせん

 

 

at 03:25, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

下諏訪駅前 モニュメント「燦」(さん)

平成28年11月21日

 

大きな綱があります。

 

 

「燦」

 

 

温泉が流れ出ています。

 

 

 下諏訪町は、江戸時代中山道と甲

州道中が交わるところ、豊富な湯量

を誇る宿場町として栄え、その名を

馳せた歴史と文化の面影を今に残し

ている。

 諏訪神社総本社の門前町としても

賑わい、「おんばしら祭」が寅、申の

年に行われ、その勇壮、豪快な祭り

は天下の大祭として全国に知れ渡っ

ている。また、毎年行われる「お舟

祭り」も有名である。

 このモニュメントの「綱」はおん

ばしら、お舟の曳き綱を表している。

一本の縄に力が込められ、太く力強

い「綱」ができ上がる。人々の団結、

協力、絆を意味する。

 下諏訪町の未来は「燦」として輝く。

 

 

小さなお子さんには邪魔してしまったようでご免なさいね。

 

 

at 03:35, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

下諏訪駅前

平成28年11月21日

 

下諏訪駅前に高い柱があります。

 

 

近付くと御柱のようです。

 

 

御柱の前で皆さんを撮りました。

 

 

  おんばしら

  御  柱

 

 諏訪大社で七年目ごと寅、申年に行なう

御柱祭は、神殿の御造営と共に霧ヶ峰高原

に続く東俣国有林で伐採の樅の巨木を

数千人に及ぶ氏子が曳行、社殿の四隅に

建立する、他に類を見ない豪快勇壮な祭り

である。御柱建立の意義は四方鎮護の

しるしでもあることから、平成十年の長野

冬季オリンピック開会式に「聖なる空間」

の創造にと「建て御柱」が行われた。

ここに建つ御柱は、その冬季オリンピック

会場に建てられた御柱である。

 

            平成十年四月

 

 

全員揃って記念撮影です。

 

at 06:14, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -