<< 開智学校 だるまストーブと謄写版 | main | 開智学校 桟唐戸(さんからど) >>

開智学校 明治天皇御座所



明治天皇御座所



 この部屋は、明治一三年(一八八0)六月二五日、明治天皇
御巡幸の際、天皇・皇后の便殿、すなわち休息室として使われました。
竹編みされた床には金屏風と椅子が用意され、ここでしばらく
休息したあと、構内に陳列された物産や古器物、生徒たちの
書画などを見ました。また、生徒たちの体操も予定されていましたが、
雨天のため中止されたと『松本郷土訓話集』に記されています。
 巡幸後は、明治天皇の肖像銅板がかけられ「玉座室」や「後真影室」という
名称で特別な部屋として位置づけられていました。
 御巡幸の記念として「明治天皇駐蹕遺址」碑が校舎南側に
あります。このほかに開智学校以外の巡幸先であった、
国宝松本城二の丸御殿跡、日本銀行松本支店東側、四柱神社境内、
出川の中田家にも記念碑が建てられています。




明治天皇はこの椅子に座られたんですね。



明治十三年六月 御巡幸松本御通圖
大名行列みたいで、馬車で東京から来たのだから
大変だったでしょうね。

at 03:07, blogokmy, 松本旅行

comments(0), -, - -

comment