<< 熱海梅園 全国梅サミット宣言 | main | 梅の家 >>

熱海水力発電所跡

昨年3月6日

 

12時51分 熱海梅園を発ちました。

 

 

真っ赤な実を付けた万両

 

 

お店を探しながら道を下ります。

 

 

まだお店はないようです。

 

 

MOA美術館

 

大名品展

 

紅白梅図屏風」と「色絵藤花文茶壺

 

1月29日〜3月6日

 

3月7日〜

リニューアルの爲 休館

平成29年2月オープン予定

 

 

熱海水力発電所跡

 

熱海水力発電所由来記

 

明治二十八年十月二十日送電

日本で八番目の発電所

名称 熱海電燈株式会社

持主 国府津村 杉山仲次郎

場所 熱海町字谷戸六八五番地

出力 三十馬力(二十二KW)

電圧 一千Vを百Vに変圧

電灯数 三百灯(但し十六燭光)

 

 熱海の旅館、民家に送電した

 

  平成六年四月吉日

   熱海電気協議会

    会長 内 藤  弘

 

 

明治28年 当時

熱海電気灯会社

  水力発電所

 

旅館・民家36軒    熱海御用邸

電気の送電点灯

           相模屋

     

           富士屋    喰氣舘   對考舘  

at 05:51, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

comment