<< 諏訪大社 前宮内御玉殿 | main | 諏訪大社 前宮一之御柱 >>

諏訪大社 前宮御室社

平成28年11月20日

 

大きな樹が聳えています。

 

 

近付きますと説明書きがあります。

 

 

    御 室 社

 

 中世までは諏訪郡内の諸郷の奉仕によって半地下式の土室が造られ、現人神の大祝や神長官以下の神官が参篭し、蛇形の御体と称する大小のミシヤクジ神とともに「穴巣始」といって、冬ごもりをした遺跡地である。

 旧暦十二月二二日に「御室入り」をして、翌年三月中旬寅日に御室が撤去されるまで、土室の中で神秘な祭祀が続行されたという。

 諏訪信仰の中では特殊神事として重要視されていたが、中世以降は惜しくも廃絶した。

 

               安国寺史友会

 

at 04:04, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

comment