<< 諏訪大社 上社 本宮 天流水舎 上社筒粥殿跡 | main | 諏訪大社 上社 本宮 明神湯 >>

諏訪大社 御神紋

諏訪大社の御神紋は以下の通りです。

 

 

 

 

 

諏訪大社では御神紋として、梶(カジ)の木の葉をモチーフにした紋を使用しています。
古い資料によると、梶は“穀”や、“栲”とも表記され、諏訪を治めていた藩主、「諏訪氏」や、関係の一族の家紋としても使われています。
上社も下社も共に梶の葉を紋としていますが、上社と下社のそれぞれの梶紋には微妙な違いがあります。

 

 

下社にあるカジの木です。

上社下社ともに何箇所かに植えられています。

 

 

カジの葉は生長するにつれて葉の形が変化します。

 

上社の梶紋は「諏訪梶」呼ばれ、木の根に当たる部分が4本、これに対して下社の梶紋は「明神梶」と呼ばれ、根に当たる部分が5本となります

今回は、諏訪大社と御神紋のカジの木についてのお話を・・・。



このカジの木。

なぜ諏訪大社の御神紋として使われるようになったのかははっきりとした説は不明なのですが、大社の御神紋として使われるようになったのは、平安時代の頃からではないかという一説があります。

吾妻鏡(あづまかがみ:鎌倉時代に作成された歴史書)によると、

「平安時代末期 、源氏が平家を討ち取らんとする動きの中 、諏訪神社上社の大祝 篤光(おおほうりあつみつ)の妻が 、夫の使者として 、甲斐源氏の武将である一条忠頼の陣所を訪ねた。妻によると、篤光が源氏の武運を占うため参籠したところ 、梶葉紋の入った直垂(ひたたれ:袴と共に着ける衣服)をつけ、葦毛の馬に乗った武士が源氏方として西を指して鞭を揚げたという夢を見たと言い 、これは諏訪大明神のお告げであると考えた篤光が妻を使いに出したとの事。この話を聞いた一条忠頼はお告げの通りに動き、戦の成功を収めた。」
と言う事がかかれており、この頃には既にカジが諏訪大社の御神紋として用いられていた事がわかります。



上社下社を併せて「諏訪大社」と呼びますが、その昔、上社と下社は別々のお宮として存在し、上社は諏訪氏(後に諏方氏)、下社は金刺(かなさし)氏が大祝(おおほうり:諏訪明神の子孫といわれる現人神。大社の長として神事等を司った)として治めていました。

別の組織として存在していた二つの社ですが、戦乱の時代の中で争いに巻き込まれ、複雑な分裂が起きてしまいます。

上社も下社もそれぞれに内側から分裂し、大祝(祭)と武士(政)という立場へと、役割が徐々に分かれていきます。

そこへ武田信玄の諏訪攻めという事態が起き、侵攻に成功した信玄の指示の元、祭政の役割がよりはっきりと区別されて、諏訪大社は上社下社共に神事を司る神社としての地位が確立されていく事になります。



諏訪大社が現在の様に一つにまとまったのは明治時代で、以降、国幣(こくへい:神社の社格を意味する)中社、官幣(かんぺい)中社から官幣大社へと移り変わった後、昭和21年に官幣が廃止され、昭和23年に「諏訪大社」という社号が付いて今日に至ります。

また、延喜式神名帳(927年にまとめられた全国の官社とされていた神社の一覧:社格の一種)では「一宮」の社格が付けられていた事から、現代においても格式を示した「信濃国一之宮」の表記が付く事もあります。



こうして諏訪大社は一つにまとまりましたが、上社と下社でカジ紋が違うのは、同じ「諏訪大社」の名前を持ちながら別々の神社だった頃の名残りが現代まで受け継がれているからなのです。



カジの木は神聖な木とも言われ、日本各地の神社などにも植えられています。

葉を神事に使用する神社もあり、その繊維からは和紙が作られる事もあるようです。

そして、カジの葉は成長するにつれて葉の形が変形していくのも大きな特徴の一つです。



現在、カジの木は諏訪大社の上社と下社の両社に植えられていて、境内などの何ヶ所かでその姿を見る事が出来ます。

 

                    (諏訪大社の御神紋より)

 

at 03:47, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

comment