<< 下諏訪駅前 | main | 駅前通りから中山道へ >>

下諏訪駅前 モニュメント「燦」(さん)

平成28年11月21日

 

大きな綱があります。

 

 

「燦」

 

 

温泉が流れ出ています。

 

 

 下諏訪町は、江戸時代中山道と甲

州道中が交わるところ、豊富な湯量

を誇る宿場町として栄え、その名を

馳せた歴史と文化の面影を今に残し

ている。

 諏訪神社総本社の門前町としても

賑わい、「おんばしら祭」が寅、申の

年に行われ、その勇壮、豪快な祭り

は天下の大祭として全国に知れ渡っ

ている。また、毎年行われる「お舟

祭り」も有名である。

 このモニュメントの「綱」はおん

ばしら、お舟の曳き綱を表している。

一本の縄に力が込められ、太く力強

い「綱」ができ上がる。人々の団結、

協力、絆を意味する。

 下諏訪町の未来は「燦」として輝く。

 

 

小さなお子さんには邪魔してしまったようでご免なさいね。

 

 

at 03:35, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

comment