<< 諏訪大社 下社 春宮 発つ | main | 下諏訪町の町並み >>

諏訪大社 下社 春宮 下馬橋

平成28年11月21日

 

11時26分 諏訪大社下社春宮を発ちました。

ちょうどいい時刻です。

この調子ならお昼時に間に合いますね。

 

 

〒下諏訪大門郵便局

 

 

通りの真ん中に建物があります。

通行の邪魔にならないのかな。

 

 

真ん中が丸くなっています。

 

 

橋のようです。

周りには注連縄が張ってあります。

 

 

 諏訪大社下社春宮下馬橋

      下諏訪町指定文化財 昭和四十八年六月二十六日

 

 この橋は春宮大門通りの中央に位置する、御手洗川にかけら

れた屋根付きの反橋です。

 昔、春宮参拝の折には、ここで下乗下馬しなくてはならず、

殿様でも駕籠や馬から下りなければならない場所であったため、

下馬橋の名がつきました。その形から俗に太鼓橋とも呼ばれます。

現在でも年に二度の遷座祭の行列の内、神輿だけがこの橋を通

ることができます。

 梁行一・八間(三・二五メートル)、桁行五・五間(九・九五メー

トル)、平面積三十二・三平方メートル、棟高五・三五メートル、

柱は二0センチメートル角で、三センチメートルほどの面がとっ

てあります。

 神社の記録によれば元文年間(一七三六〜一七四0)の改修と

見られ、諏訪大社の中でも最も古い建築で宮大工三井伝左衛門の

作と言われています。天正六年(一五七八)の造営帳にも見られ、

古い様式が忠実に伝えられています。

 屋根は本来檜皮葺できたが、昭和三十五年(一九六0)ころ

銅板葺に改修され、損傷した橋の踏み板も取り替えられました。

 

                 信濃國一之宮  諏 訪 大 社

                 下 諏 訪 町 教 育 委 員 会

 

 

こんなに勾配がきつい処を歩くのですか。

 

 

見上げますと太い注連縄です。

 

 

奥ちゃんは上がりたそうです。

 

 

止めましたか。

 

 

それでは先に行きましょうか。

 

at 03:31, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

comment