<< 下諏訪駅改札口 | main | 下諏訪駅 曳綱 投げもちを入れる俵 >>

下諏訪駅 御柱祭 曳綱 古御柱

平成28年11月21日

 

        下諏訪

 

   岡谷        上諏訪→

 

 

下諏訪駅

 

 

皆さん立ち止まっていますが、何を見ているのでしょうか。

 

 

奥ちゃんは綱を掴んでいます。

 

 

  御柱祭

 信州・諏訪大社では七年目毎

の寅と申の年に宝殿を造営し、

社殿の四隅にある御柱と呼ばれ

る樅の大木を建て替えるお祭り

です。

 この祭りを「式年造営御柱大

祭」、通称「御柱祭」と呼び、

諏訪地方の六市町村の人々が参

加する天下の大祭です。

  曳綱

 この曳綱は、平成二十八年の

御柱祭で、予備の曳綱として平

成二十八年三月二十五日に、下

諏訪町の清水町と赤砂地区の人

々が、荒綱を縒って作ったもの

です。

  古御柱

 この古御柱は、平成二十二年

の御柱祭に、諏訪大社下社秋宮

で建御柱を行った「秋宮三之柱」

です。平成二十八年の「御柱休

め」で、役割を終え諏訪大社よ

り払い下げを受け、下諏訪町の

赤砂と清水町の氏子の皆さまに

安置していただきました。

 

 

信濃國一之宮御用

 

at 03:26, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

comment