<< 伊東の温泉街を歩く その3 | main | 伊東駅前 >>

伊東 うずわめし

平成29年10月30日

 

伊東駅まで

450m

駅への近道

 

 

伊東市政施行70周年

 

 

魚料理が並んでいます。

 

 

まるたか

 

 

うずわめし 宇佐美港留田定食

 

食べたかったですね。

 

 

 

伊東の漁師めし うずわ定食

 

伊東の楽味屋 まるげんさんでは、 うずわ(ソウダガツオ)のタタキを使った漁師めしうずわ定食をお楽しみいただけます。

この「うずわ」ですが、鮮度が落ちるのが早く流通させるのが難しいため、水揚げされる近場でしか食べられないお魚だそうです。

まるげんさんのうずわ定食は、うずわのタタキを三度味を変えて食べる絶品の漁師めしとなっています。

 

画像1

 

まず、うずわ定食を注文すると、「うずわ定食の正しい食べ方」の説明書?をいただきます。
造り手の熱意が伝わる非常に熱い読み物となっております。

 

画像1

 

うずわ定食の登場です。

 

画像1

 

画像1

 

正しい食べ方の裏面に移り、まずは唐辛子をトッピングしタタキをそのまま醤油でいただきます。
ビールが欲しくなる一品として最高です。

 

画像1

 

次にあつあつご飯の上にのせ、うずわ丼としていただきます。
ごはんのおかわりは、自由で無料となっています。
私は、どんぶりをたいらげ、次のイベントの為にご飯をおかわりしました。

 

画像1

 

最後の締めはお茶漬けです。
店員さんに声を掛けると、先ほどのうずわ丼にあつあつの出汁をかけてもらえます。
うずわの赤い身の色が一瞬で変わり、うずわ茶漬けの出来上がりです。

一度で三度美味しい「うずわ定食」おすすめです。

                    (休暇村 南伊豆より)

 

at 04:15, blogokmy, 伊豆旅行

comments(0), -, - -

comment