<< 諏訪大社 下社秋宮 神楽殿 狛犬 | main | 諏訪大社 下社秋宮 神楽殿 内陣 神紋 >>

諏訪大社 下社秋宮 神楽殿 注連縄

平成30年11月26日

 

大きな注連縄です。

 

 

 神 楽 殿

 

   国重要文化財

 

御神前に神楽を奉納するための建物

で天保六年(1835)上社本宮

弊拝殿を手掛けた立川和四郎二代目

棟梁富昌により落成した

三方切妻造りと呼ばれる様式で弊拝殿

のような彫刻は見られない

正面の大注連縄は御柱祭毎に新しく

奉製され重量は約一トンである。

 

 

奉 祝

 

天皇陛下御即位三十年

 

 

at 03:55, blogokmy, 甲州・信州の旅

comments(0), -, - -

comment