諏訪大社 下社 春宮 左右片拝殿 

平成28年11月21日

 

左右片拝殿 左側

 

 

左右片拝殿 右側

 

 

左右片拝殿

  国重要文化財

 

片拝殿とよばれるこの

建物は弊拝殿と同じ

安永九年(1780)

地元の大工柴宮(伊藤)

長左衛門により造営された

ものである

秋宮に比べて幅が短く

屋根は片切りになっている

 

at 03:22, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

諏訪大社 下社 春宮 弊拝殿

平成28年11月21日

 

諏訪大社 下社 春宮 弊拝殿

ピントが合ってなくて申し訳ありません。

 

 

弊拝殿

         国重要文化財

 

この建物は御幣を奉ずる弊殿と

拝殿が一体となったもので弊拝殿

と呼ばれている

建築様式は二重楼門造りで全体に

見事な彫刻が施されている

棟梁は地元の宮大工柴宮(伊藤)

長左衛門で秋宮と同じ絵図柄で

秋宮弊拝殿より一年早い安永九年

(1780)に落成した

春秋両宮は社殿構造は同じで当時は

双方で技術が競われた

 

 

弊拝殿内部

 

弊拝殿内部

 

at 05:45, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

諏訪大社 下社 春宮 一之御柱

平成28年11月21日

 

春宮一之御柱

 

 

春宮一之御柱

 

 

御柱(おんばしら)

 

御柱は寅年と申年の七年目毎に

御宝殿の造営と共に建替えされる

御神木で社殿の四隅に建立されて

います この春宮一之御柱は長さ

十七米余直径一米余の樅の樹で霧ヶ峰

高原に続く東俣国有林に於いて

伐採され数千人の氏子の奉仕に

より曳行されました

御柱祭は天下の奇祭として有名

であり次回は平成三十四壬寅年

に行なわれます

       諏訪大社

 

 

 

画像回転ツール 編集画像

 

 

 

         春宮一之御柱

 

at 03:28, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

諏訪大社 下社 春宮 神楽殿

平成28年11月21日

 

神楽殿

 

 

立派な注連縄ですね。

 

 

 

 

 

at 03:14, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -

諏訪大社 下社 春宮 結びの杉

平成28年11月21日

 

丈ちゃんたちが見上げているのは

 

 

むすびの杉です。

 

 

 結びの杉

 

この杉の木は先で

二叉に分かれて

いるが根元で一つに

なっていることから

「縁結びの杉」と

いわれている

 

 

見上げますと確かに二叉に分かれていますね。

 

at 03:48, blogokmy, 諏訪湖旅行

comments(0), -, - -