小田原城 二の丸東掘

昨年3月7日

 

10時48分 小田原城のお掘りに着きました。

 

 

  二 の 丸 東 堀

 

 

国指定史跡小田原城跡

 

  二 の 丸 東 堀

 

                  指定 昭和13年8月8日

 

 小田原城は、江戸幕府の三代将軍家光の乳母、春日局の子稲葉正勝

が寛永9年(1632)城主になると、大規模な工事が行われ、石垣を備え

る近世城郭として整備されました。

 二の丸東堀は、本丸・二の丸を守る堀の中でもっとも大きなもので、

幅は最大で約40mあり、現在よりもさらに北に約60m先まで続い

ていました。また、西は常盤木橋、南は、南曲輪の前までつながってい

ました。

 現在の石垣は、大正12年(1923)の関東大震災で崩れたものを昭和

初期に復旧したものですが、右の写真のとおり、江戸時代の石垣は今

のものよりも高く、二の丸の石垣として威厳のある姿を見せていまし

た。

 なお、震災直後、一時この堀を埋め立てる計画がありましたが、小

田原保勝会が中心となって保存運動を起し、その結果二の丸東堀は、

今日までその姿を残すことができました。

 

                    小田原市教育委員会  

 

 

      文久図(江戸時代末期)

 

 

    明治36年頃の二の丸東堀

  (絵葉書「相州名所 小田原城址 御用邸」)

 

at 04:34, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

小田原の街を

昨年3月7日

 

10時41分 小田原の駅から駅前の商店街に出ました。

 

 

小田原城へは直進と出ています。

 

 

万葉の湯

 

 

万葉の湯

 

小田原お堀端

 

 

雨の中傘を差して歩きます。

 

 

小田原城(正面入口)↑ 220m

 

 

向こうの方に木々がこんもりとした処が見えます。

これが小田原城なのでしょうか。

 

 

at 03:09, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

小田原駅へ

昨年3月7日

 

熱海駅から小田原駅に向かいます。

 

 

東海道線10時10分熱海発の電車に乗ります。

 

 

電車は空いています。

 

 

乗っているお客さんはわずかです。

 

 

10時34分小田原駅に着きました。

 

 

小田原提灯

 

小田原提灯(おだわらちょうちん)は、提灯の一種。
童謡「お猿のかごや」に登場する。

 

東海道の宿場町であった小田原(後の神奈川県小田原市)では、旅人が携帯するのに便利なようにと、同地在住の職人・甚左衛門が、畳んだ時に胴の部分が蓋に収まるように作ったのが最初といわれる。
このような小田原発祥の提灯であるが、2015年5月時点で小田原市内には提灯屋自体が山崎提灯店と飯沼提灯店(飯沼商店)の2店舗しかなく、外的に小田原提灯の作製をうたっているのは前者のみである。
収入を得られるほどの十分な需要がないので後継者は難しいことを職人が語っており、前途が危ぶまれている。

 

以下の特徴ゆえに、江戸時代に大人気商品となった。
●同じ直径のリング状中骨による蛇腹形状を持ち、折りたたんでの携帯がしやすかった。
●通常の提灯と異なり中骨が平たく、紙との糊代面積が大きいために剥がれにくく、雨や霧に強い。
●作業工程が簡単なため、安価であった。
●大雄山最乗寺の神木を一部材料に使い、狐狸妖怪に対して魔除けになると宣伝した。
                    (Wikipediaより)

 

小田原提灯

江戸時代の中頃、提灯職人の甚左衛門(じんざえもん)が考え出したと言われ、携帯に便利なように小さく折りたためる、中骨が平たいため胴紙が剥がれにくく丈夫で、雨や霧にも強いといった特長があります。

 

小田原提灯の歴史と沿革

明治時代から続く山崎提灯店は、かつて大雄山最乗寺への参詣道として栄えた場所にあり、現在も小田原提灯の継承に貢献しています。
広く一般的な提灯は1085年に書かれた書物に出ていることから、古くから照明器具として使われていたようです。
小田原提灯は、江戸時代中ごろ、小田原の甚左衛門という人が箱根越えの旅人のために考案して売ったものが起源。
山崎提灯店では、この小田原提灯をはじめ様々な提灯をすべて手作業で製作しています。
その技術は現在4代目が継ぎ、5代目の長男も共に日々研鑽に努めています。
ここで数十年前に作られた提灯も現存し、実用されており、時代を越えて変わらない本物の風格と質の高さを実感できます。

 

小田原提灯

小田原提灯

上下の蓋が大雄山最乗寺の霊木で作られているので、道中の魔除けになるといわれています。
また折りたたむと懐中に入るので懐提灯ともいわれ、携帯に便利。
本体の胴部蛇腹部分に使われている竹ひごが四角形に削られているので糊付け面が多く、雨や霧にあたっても剥げにくく丈夫。
これら三つの特長は「三得」と言われています。

 

弓張提灯

弓張提灯

手で持つ部分が弓に似ていることからこの名が付いています。
時代劇でよく御用堤燈として登場しています。
また、お祭りに参加される若衆が手に持っているのもこの弓張提灯です。
家紋・家名を入れて送り提灯や迎え提灯として使用するなど様々な用途があり、現在は玄関に飾ったり、贈答用としても使用されています。

 

桶提灯

桶提灯

お祭りの催される神社の神殿の脇等に吊るされ,彩りを添えます。

 

ミニ提灯 

ミニ提灯

実用サイズより小さい提灯。
結婚式披露宴などの席札などに人気です。
                  (小田原市地場産業振興協議会より)

 

at 04:08, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海駅へ

昨年3月7日

 

9時32分 お世話になりました宿を出ました。

 

 

車で送っていただけるということは有り難いことです。

 

 

宿の方がお見送りです。

恐縮してしまいますね。

 

 

9時44分 熱海駅に着きました。

 

 

乗る電車は10時10分です。

相当時間がありますね。

 

 

小金井まで行くのですか。

宇都宮線の小金井です。

 

 

仕方がないのでベンチに座って時間が来るまで待ちましょう。

 

 

足湯にいる人はまばらです。

 

 

まだ古い熱海の駅舎です。

 

 

9時59分 ホームに向かいます。

 

at 02:11, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

記念撮影

昨年3月7日

 

部屋で支度をして出ました。

 

 

紅葉の時期はさぞ美しいでしょうね。

 

 

 

 

幹事さんが精算をしています。

 

 

精算が済むまで待ちましょう。

 

 

大きな石灯籠ですね。

 

 

玄関前で記念撮影です。

 

 

どういうわけでしょうか、ドラえもんの石像ですよ。

 

at 04:36, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -