熱海梅園 韓国庭園 方池円島 瓦張り土塀 大門

昨年3月6日

 

四角い池があります。

 

 

方池円島

 

方池は「四角形の池」で陰を表し、円島は「円形の島」で天・陽を表現しています。

水を使用した庭園には、ほとんど取り入れている手法です。

 

 

瓦屋根で土塀には丸いものがあります。

 

 

瓦張り土塀

 

 

瓦張り土塀

 

瓦張り土塀は瓦で細工された塀で、下部は玉石張りにしています。

塀の屋根瓦は韓国から取り寄せています。

 

 

このような塀の作り方は朝鮮から入ってきたんですね。

日本のお寺にあります土塀の原点はこれかもしれません。

 

 

塀の壁にも瓦が埋め込まれています。

 

 

人が多くなったような気がします。

 

 

大門

 

 

 

 

大門

 

朝鮮時代中期の四柱門の様式で、「友好・平和」記念碑の正面にあることから格式が高く、大きな建物としました。

梁の上部にある雲の形をした「雲板」は主人の精神性が雲上の如く高いレベルに達していることを表現したものです。

また、入り口部の柱の下部(根本)に彫られた図案は三大極という「天・地・人」の宇宙の構成原理を表現したものです。

 

 

宇宙の構成原理とはどれなのかな。

 

 

どれが雲板なのでしょうか。

 

 

この雲の形をくり抜いたものなのかもしれません。

 

 

垂木が出ています。

 

 

ここに庭園の名称が埋め込まれています。

 

 

熱海梅園韓国庭園

 

at 05:10, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 韓国庭園 露店

昨年3月6日

 

露店があります。

 

 

さつまいも 100% 春雨!

ちゃぷちぇ

300えん 大500えん

 

概要
チャプチェは春雨を炒めた韓国料理。

 

概説

柔らかく戻した唐麺(タンミョン)と呼ばれる春雨と、細切りにした牛肉とタケノコ、同じく細切りにしたニンジン、タマネギ、ホウレンソウ等の野菜、シイタケやシメジ、キクラゲ等のキノコ類をゴマ油で炒め合わせ、醤油、食塩、砂糖等で甘辛く味を付ける。
隠し味としてコチュジャンを入れる場合もある。

器に盛ってゴマを振りかけ、彩りとして糸状に切った唐辛子等を飾って供する。

雜菜と言う漢字表記の通り、元は野菜だけの炒め物であったとされるが、後に春雨を使うことが一般化された。
また韓国の春雨はさつまいものでんぷんから作られており、日本で一般的に市販されている春雨に比べるとかなり太い。

日本の韓国お料理店ではお惣菜的な扱いをされており、韓国でも料理の付け合せや韓定食の一皿として出される事が多いが、御祝いの席や多くの客を招く際などに作られる伝統的な前菜で、宴席料理でもある。

又、チャプチェを御飯の上に盛ったものを「チャプチェパプ」(朝: 잡채밥、雜菜飯)と言い、大衆食堂や中華料理店の定番メニューである。

 

歴史

チャプチェは17世紀初期の朝鮮王朝時代に誕生した。
当時の朝鮮王光海君が王宮で宴会を開いた際に、臣下の一人がこの料理を発案して王に献じた。
王は余りの美味さにいたく感激し、この臣下に戸曹判書(ホジョパンソ、今で言う財務長官)の地位を与えたと言う。
この時代のチャプチェは切った野菜と茸とタケノコを材料とするものであったが、20世紀になってから中華料理の影響で春雨も使うようになった。

 

 

 

韓国伝統のお菓子!

ほっとく

300えん


朝鮮では主に冬季、間食系の屋台などで売られている、安価で庶民的な菓子料理である。
一言でいえば、中に甘い餡が入ったホットケーキのようである。
日本の「おやき」に近い。
「ホットク」とは胡(=中国)の餅(トック)を意味し、19世紀末に移民して来た中国人商人が生み出したものとされている。
朝鮮では人気のある屋台には行列ができるなど広く親しまれており、日本でもコリア・タウンで販売されていることがある。

 

断面

 

作り方
小麦粉やもち米粉で作った生地で、餡となる黒砂糖とシナモンを饅頭のように包み、多めに油を敷いた鉄板の上で揚げるように焼く。
途中、ホットクヌルゲ(호떡 누르게/ホットク押し器)と呼ばれる専用の器具で押さえつけ、平たく整形する。

簡単な屋台では袋などは用意されず、客は厚紙を折ったもので挟んで受け取る。
焼きたては中で黒砂糖が蜜状に熱く溶けており、もちろんそれが魅力なのではあるが、食べる際に注意が必要である。
屋台で売られているホットクは生地を一次発酵させてから焼いたものが多いが、同様の工程を家庭で行うと時間がかかるため、スーパーなどで売られている家庭用ミックス粉にはドライイーストが添付され、焼き上げる前の発酵時間を短縮あるいはゼロにしたものがある。

 

 

韓国伝統の味!

ちぢみ

500えん

 

概要

チヂミ(찌짐)またはチジミは、韓国料理の一つである。
チヂミの呼称は慶尚道で話される東南方言に由来するもので、韓国の標準語ではブチムゲ(부침개)と言う(溶き卵をつけた食材や様々な食材が入ったどろどろした練り物を油で焼いた料理の意)。
ジョンに似ている。
広義のブチムゲにジョンを含むことがあるが、その反対は成立しない。

「찌짐」の標準的な翻字は「チジム」となるが、日本では「チヂミ」の表記が一般的である。
「韓国風お好み焼き」と呼ばれる場合もある。

地方によってさまざまなプッチムゲがあるが、日本で一般的に知られるチヂミは薄く外側はパリっと、内側はもちっとした食感のものであり、タレにつけて食べる。
日本では大抵の韓国料理店で供されるほか、食品スーパーで「チヂミの粉」が売られるなど、なじみが深くなっている。

朝鮮では、雨の日になると「チヂミ」を食べるという俗習があるが、それは、「チヂミ」を焼く音と雨の降る音が似ているため。
さらに荒天時は買い物が面倒なため、家に常備した小麦粉で食事を整える、という意味もある。

 

チヂミの作り方

小麦粉・米粉・水・卵に適当な具(タマネギ・ニラ・ニンジン・ネギ)などを混ぜ合わせ、タネを作る。
これにキムチを加えると「キムチチヂミ」、イカやカキ、ホタテの貝柱などの海産物を入れると「海鮮チヂミ」になる。
お好み焼きよりも水を多めに加え、やや緩めに作るのが薄く焼くコツである。

熱したフライパンに多めのサラダ油を引き、タネを流し入れ強火で揚げるように焼き、焦げ目が付いたら弱火で火を通す。
仕上がり際にフライパンの肌にさらにごま油を垂らし、香りをつけるとなお香ばしくなる。

タレは醤油・酢・ごま油・コチュジャン・胡麻・刻みネギなどを好みで合わせて作る。

包丁で焼いたチヂミに切れ目を入れ、タレにつけて食べる。

 

チヂミとパジョン

日本ではよく、チヂミとパジョン(파전)が混同されることがあるが、パジョンとはプッチムゲ(慶尚道ではチジム)の一種であるジョン(전)のうち、ネギ(パ、파)を使用したものである。
「ジョン」にはこのほか、キムチを使用したキムチブチムゲ(김치부침개)、ジャガイモを使用したカムジャジョン(감자전、カムジャ=甘藷は日本語ではサツマイモを指すが朝鮮語ではジャガイモを指す)、海産物を使用したヘムルジョン(해물전・海物煎)などがある。

チヂミがよく使われるときは祭祀の時である。
チヂミはその際に欠かせないものである。

 

 

 

甘辛くておいしいチキン!

たっかるび      

500えん           

 

鶏もも肉と、キャベツや玉ねぎ、人参、さつまいもなどの野菜を、コチュジャンベースの甘辛いたれと一緒に炒めた料理。

テーブルで鉄板を囲んで食べるのが一般的です。

食べ終わった後にご飯を入れ、鉄板に残ったたれとからめて炒飯にするのが定番。

家庭で手軽に作れる韓国料理です。

 

概要

タッカルビは朝鮮半島の焼肉料理の一種で、鶏肉と野菜を使ったものである。

 

「タッ」(닭)は鶏を、「カルビ」(갈비)は「あばら骨」をあらわし、「骨のまわりの肉を食べる鶏料理」という意味合いがある。

ぶつ切りにした鶏のもも肉とニンジン・タマネギなどの野菜を、甘辛いコチュジャンをベースにしたタレをかけて鉄板の上で炒めて食べる。
食べ方はさまざまで、麺を入れたり、ご飯を入れてチャーハンのようにして食べることもある。

 

 

韓国ドラマでおなじみ!

とっぽっき

500えん

トッポッキ(떡볶이)とは朝鮮半島の餅である「トック(떡)」を使用した朝鮮料理の一つである。

餅の煮込み。朝鮮語の転写は一定しておらず、トッポギとも表記される。

 

概要

棒状の餅をコチュジャンや砂糖を使って甘辛く炒めたもので、韓国の庶民料理として親しまれ屋台の定番メニューとなっている。
間食や夜食としても食べられている。
同じく辛いキムチが子供にあまり人気がない一方、こちらは人気がある。
韓国では「シンダンドン(新堂洞)トッポッキ」と呼ばれる鍋スタイルのトッポッキはソウルの名物の一つともいえる。

元々は李朝宮廷の料理で、コチュジャンの代わりに朝鮮醤油(カンジャン)で味をつけた(カンジャントッポッキ)。
トックを野菜や肉と彩りよく炒め合わせることもあった。

カップにお湯を注ぐだけ、または水を注いで電子レンジで加熱するだけで完成するインスタントタイプの製品もあり、韓国国内ではスーパーマーケットやコンビニエンスストア等で広く販売されている。

                    (写真及び文:Wikipediaより)

 

at 00:07, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 韓国庭園

昨年3月6日

 

たけちゃんは何を見つめているのでしょうか。

 

 

門をくぐります。

 

 

 友 好     平 和

日本国内閣総理大臣     大韓民国大統領

 森  喜 朗        金  大 中

 

 

友好平和記念碑

 

2000年9月23日に熱海で日韓首脳会議が行われ、翌24日に両国首脳が熱海梅園を訪れました。

碑は日韓の絆を深めたこの会談を記念して設置されました。

碑の刻字は、森総理大臣(友好)と金大統領(平和)の直筆です。

 

 

友好平和記念碑説明板

 

 2000年9月23日、日本国の森喜朗内閣総理大臣と大韓民国の金大中大統領の日韓首脳会談が熱海で行われました。

翌24日、両首脳は熱海梅園を訪れ、園内を散策し歓談されました。

 

 熱海市は、日韓友好の絆を深めたこの会談を記念して、日本国と大韓民国の友好と世界の平和が永久に続くよう祈念し、熱海梅園内に大韓民国の伝統的様式と手法を取り入れた庭園を造るとともに、森喜朗内閣総理大臣と金大中大統領の直筆による友好平和記念碑をここに設置するものです。

 2002年8月28日

     熱 海 市 長  川 口 市 雄

 

 

韓国風の建物ですか。

 

 

本机       座布団

 

 

男の人が書き物をしています。

 

 

台所 竈

 

 

高台

 

 

チャントッテ  高台

 

味噌、醤油、漬け物等の壺を置く場所で、台所に近い後庭に造られます。

規模の大きさが家勢を表すものとされ、現在の一般家庭でも見られます。

 

 

何やら不思議な建造物があります。

 

 

煙家

 

オンドル(床暖房施設)の煙突で、その形状から「煙の家」と称されています。

中には、壁面に長寿を象徴した動植物等を描いたものもあり、一般に花階に設置されています。

 

花階(Flower stairs)
母屋の北側の斜面地に築く階段状の花壇。

高貴な女性方の愛好の庭園として、季節感ある身近な植物や薬用植物、果実等の有用植物を植えています。

 

 

軒下

 

 

塀を覆っている瓦屋根

 

at 06:00, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 記念植樹

昨年3月6日

 

枝垂れ梅

 

 

なかなかピントが合わなくて苦労します。

 

 

ようやく合いました。

八重咲きなんですね。

 

 

建物に入って行きます。

 

 

どこか崩れた塀の中を入って行く感じですね。

 

 

梅がまだ咲いています。

 

 

南高うめですか。

 

 

熱海梅園韓国庭園開園記念植樹

 

第85代日本国内閣総理大臣 森 喜朗

 

           2002.8.28

 

日本の国なのに何故西暦なんでしょうかね。

平成14年と書けばいいものを

 

 

at 04:01, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 温泉と蛙

昨年3月6日

 

奥ちゃん、水たまりですか。

 

 

一人の女性が佇んでいます。

 

 

カメラを構えました。

何を撮るのでしょうか。

 

 

蛙が一匹ちょこんと座っています。

 

 

水たまりには何かいるようです。

 

 

蛙の卵です。

 

 

湯気が出ているので暖かい池のようです。

 

 

先に行きますと足湯ですか。

 

 

手を入れると結構熱いようです。

 

 

at 04:27, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 蝋梅

昨年3月6日

 

そろそろ一杯といきたいところですね。

 

 

ユキヤナギ

 

 

さてどちらに行けば茶店があるのでしょうか。

 

 

枝垂れ梅

 

 

蝋梅の蕾

 

 

花の姿は梅に似ていますが、梅の仲間ではありません。

 

蝋 梅(ロウバイ)

 

花の由来は、花弁がロウ細工のように油を含み半透明色で

あることから蝋梅と呼ばれたとされています。

 

ロウバイ

    季節の花300より

 

・蠟梅(ろうばい)科。
・学名
 Chimonanthus praecox
 (蠟梅)
 Chimonanthus praecox form. concolor
 (素心蠟梅(そしんろうばい))

 Chimonanthus : ロウバイ属
 praecox : 早熟の、早咲きの
 concolor : 同色の

 Chimonanthus(チモナンサス)は、ギリシャ語の

 「cheimon(冬)+ anthos(花)」が語源。
 「冬の花」を意味する。

 

・開花時期は、12/25 〜 翌 3/15頃
・お正月頃から咲き出す。
 花の少ない季節に咲く、うれしい花です。
・とてもよい香り。
・中国原産。
 日本には17世紀頃に渡来。


・「”蠟細工”のような、梅に似た花」から「蠟梅」の名になったらしい。
 寒さや霜から身を守るために蠟細工状なのかな?

 また、臘月(ろうげつ:陰暦の12月)に梅に似た花を咲かせるところから、とも。(「臘梅」の字で表わすこともある)。


・よく見られるのは蠟梅のうちの「素心蠟梅(そしんろうばい)」。
 花の外側だけでなく内側も黄色いのが特徴。
 ふつうの「蠟梅」は内側がちょっと赤っぽい。
 私が撮った写真はほとんどが「素心蠟梅」。


・葉っぱは、ふつう花が咲く前に落葉するが、開花時にまだ残っていて徐々に落葉する場合もあるようだ。
 表面はザラザラした感触。
・花のあとでできる実は、なんともユニークな形。
 花の姿からは想像できない。


 
  昨年5月9日に撮影しました蝋梅の実です。

  調べましたら残念なことに食べられません。


・1月27日の誕生花(蠟梅)
・花言葉は「先導、先見」(蠟梅)


at 05:48, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 石碑 茂木氏梅園記

昨年3月6日

 

橋を渡って先に進みます。

 

 

ここの梅の花も咲いています。

 

 

大きな石碑が建っています。

 

 

茂木氏梅園記の要約

  初代総理大臣 兼 宮内大臣 従二位 伯爵 伊藤博文 篆額

 温泉がよく病気に効くのは、ただその中に含まれている塩分や鉄分にばかり頼らず、適当な運動をするからである。もし、一日室内にいて温泉に入浴していたら飽きもし、疲れもして、養生にならない。

 山に囲まれ、東南に海を臨む熱海は、温泉で知られている。人々は斜面を削って家を建て、そこに住んでいる。また、東京から遠くなく、その上、気候が温暖なため冬から春にかけて多くの都会人が来浴する。

 私は、初めてこの地に足を運び、山を巡ってまちの西側を散策すると、起伏に富んだ景色のよい場所を見つけた。そこは清流が乱石にぶつかり、その発する音は風雨のようで、分れたり、合流しながら勢いよく葦藪の間を流れ下っている。清流の西側に松や檜がうっそうとした丘があり、そこに登って休んだ。振り返って見ると、あたりはのどかに落ち着き、しばらく帰ることを忘れていた。

 

 明治十八年(1885)四月、岩倉具視大臣の命令を受け、噏滊館(きゅうきかん)を落成させた。私は、「この地の温泉の効用は顕著であり、今、この館が完成して療養施設は備わったが、保養の場所がないのが残念である」と人々に説いた。そして、前に見つけた場所について話し、そこを造成することを提唱した。

 すると、中山保次郎神奈川県議会議員が進んでこれに賛成し、横浜の茂木惣兵衛にもちかけた。すると惣兵衛は喜んでこれに応じ、中山氏及び地元の日吉、小松、露木の諸氏と相談してその事業に乗り出した。

 草木を伐採し、穢れを流し、地形にならって梅三千株や松、杉、楓、柳を植栽した。すると、清流は益々清く、趣のある岩もたくさん出てきて、山水花木、四季の眺めも美しくなった。高みに四阿をつくり、流れには小橋を架け、遊園の設備も整った。

 人々はここに集まり、酒を酌み、詩を吟じ、全てを忘れ、心なごみ、楽しむことができる。これでこそ、初めて温泉養生の効用を完全に引き出したといえよう。

 梅を最も多く植えたので、「茂木氏梅園」といわれる。茂木氏は豪商であり、どんなことでもできるだろうが、彼はそうせず、私財を投じてこの事業をおこない、それを私することなく大衆のために開放した。実に偉いではないか。

 さらに、この花木泉石の名勝は、単に風雅な遊びに適しているばかりでなく、国のために尽くしている人々の疲れを癒し、志気を壮大にし、発想をあらたにさせることができる。その効果は非常に大きい。以上を記し、来園者に伝える。

 明治二十年四月内務省衛生局長 兼 元老院議官従四位勲三等 長與専斎 撰

                                市河三兼 書

                               宮  亀年 刻

 【碑の裏側に】

 茂木氏がこの園の達成に取り掛かると、横浜の平沼専蔵、浅田又七の両氏も資金を提供するなど協力したことも伝えるべきだ。東京の庭師小川九兵衛が工事を監督した。もともとの天与の地の利もあるが、工事が完成して眺めると、益々素晴らしく、工事にかかわった人々の努力や苦労も忘れてはならない。このことも碑の裏側に氏名などを記し後世に伝える。

                              専斎又記す

 

 

この先どうします。

 

 

真っ直ぐ行きましょう。

 

 

真っ赤な花が咲いています。

 

 

椿の花ですね。

一重ですから実ができるかもしれません。

椿油がとれますかね。

髪の毛にはとてもいいですよ。

at 04:28, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 梅見の滝内通路

昨年3月6日

 

大きな梅の花です。

 

 

しだれ梅ですか。

 

 

呉服枝垂(ごふくしだれ)

 

 

梅見の滝内通路

 

 

この滝の内側が通れるようです。

 

 

それでは行きましょうか。

 

 

内側から手を振っています。

 

 

これは面白いですね。

 

 

進入禁止

 

梅祭り期間中は、一方通行となります。

ご注意下さい 凍結注意

 

at 05:45, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 梅見の滝

昨年3月6日

 

橋の下には綺麗な水が流れていました。

 

 

橋を渡り終える頃には

 

 

雨は止んできました。

 

 

いくらか梅の花が残っているようです。

 

 

咲いていますね。

 

 

腰掛欅

 

岩の上の草の中に生えたこのけやきは、後ろと左右の上の土が洗い取られ、

根は前の土に太くのびて腰掛けた形となった。

 

 

 

これがその欅なのでしょうか。

 

 

よく分からないですね。

 

 

しだれ梅

 

 

梅見の滝

 

 

幾段にもなって流れている滝が梅の木の先に見えています。

 

at 04:36, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -

熱海梅園 中央広場へ

昨年3月6日

 

雨はそんなに強く降ってないようです。

 

 

大盃

 

 

万両

 

 

梅の花は終わっていますね。

 

 

どうしたのでしょうか。

 

 

この辺りでは梅の花が咲いているようです。

 

 

中央広場の方へ行きますか。

 

 

人影は少ないですね。

 

 

アミ歌謡ショー

甘酒無料サービス

 

 

中央広場へは左ですか。

 

 

橋が濡れているので

 

 

滑らないように気を付けて渡ります。

 

 

 

at 04:21, blogokmy, 熱海旅行

comments(0), -, - -